横浜の司法書士吉田隼哉の業務日誌 ~相続・遺言・不動産の個人間売買~

横浜駅西口にある「司法書士よしだ法務事務所」の司法書士吉田隼哉が、相続・遺言・不動産の売却代理の分野に特化して詳しく解説していくブログです。

遺言執行者の選び方は?若くて健康な人を選びましょう!

横浜で遺言執行者をお探しなら司法書士よしだ法務事務所へ!

 
 
 
どうも、京急線戸部駅そばの司法書士吉田隼哉です!
 
 
 

遺言執行者の選び方とは?

遺言執行者とは、自らの死後、自分に代わって遺言の内容を確実に執行してくれる人のことです。(参照元遺言執行者とは「よしだ法務事務所・相続遺言の専門サイト」より)
せっかく書いた遺言書も、内容が実現されないと意味ありませんからね。だから、遺言執行者を遺言の中に書いておいて実現を確実にするのです。
 

基本的に誰でもなれますが、トラブルを回避するためにも、親族を選ぶよりも、遺言執行者になることができる旨の法的根拠がある司法書士又は弁護士を選任する方が良いでしょう。

 

 

 

とまぁ、ここまではどこのホームページにも書いてありますが、遺言執行者を選ぶ上で忘れてはいけない点があります。

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

若くて健康な人。
自分よりも長生きするであろう人です。

 

 

 

遺言執行者に先立たれてしまっては困りますから、特に専門家を遺言執行者として選ぶ時には気をつけましょう。

 

専門家の死は、遺言者に伝わらないケースが多いため、死後にトラブルとなることがあります。

 

 

 

 

意外と忘れやすいことですし、案外専門家達のホームページにも若くて健康な人を遺言執行者にしましょう!なーんて載ってないです。

理由は…^^;

 

 

先日知りましたが、司法書士の全国平均年齢って60歳近いようですよ!

 

専門家だからって自分よりも年上を遺言執行者にすることはしないように気をつけましょうね。

 

 

横浜・東京で、司法書士・行政書士の遺言書作成パック『結(むすび)』へ

 

個人や親族間での不動産売買は、不動産の個人間売買サポートセンターへ!